沿革

株式会社シノテスト研究所

昭和26年9月 シノテスト研究所(篠原愛個人経営)が発足
昭和27年3月 シノテスト1号(糖定量測定試薬)発売
昭和28年3月 株式会社シノテスト研究所設立
東京都世田谷区代田に工場建設
昭和34年11月 故篠原亀之輔博士・簡易試薬発明により紫綬褒章を受ける
昭和36年10月 相模原市南区大野台に新工場建設
研究・製造部門移転

株式会社シノテスト研究所

昭和38年 7月 完全週5日制実施
昭和40年 5月 相模原工場増築(鉄筋3階建)
昭和42年 3月 相模原工場に研究室新築
昭和44年11月 相模原工場増築(鉄筋3階建)
昭和49年11月 相模原工場増築(鉄筋5階建)
昭和53年 7月 相模原工場第二工場竣工
昭和56年 6月 相模原工場管理棟竣工
昭和57年10月 本社を相模原工場へ移転
昭和58年11月 業界団体「日本臨床検査薬協会」が発足しこれに加盟
昭和61年 6月 無調製試薬として日本で初めての「液状試薬」開発

シノテスト商事株式会社

昭和37年 6月 営業部門独立
本社登記・東京都世田谷区代田2-1013
昭和39年 3月 本社移転・東京都千代田区麹町3-2
昭和39年 3月 全国に8カ所に駐在所設置
昭和45年 3月 駐在所を「店」に変更する
昭和52年10月 川崎配送センター建設
昭和54年12月 支店登記「店」を「支店」に改める
昭和55年 4月 本社移転。千代田区一番町10番地
昭和57年 7月 日本トラベノール(株)と提携
昭和58年 2月 厚木配送センターへ移転
昭和61年 6月 無調製試薬として日本で初めての「液状試薬」発売
昭和62年 6月 WASP世界病理・臨床病理学会連合より感謝状を受ける

株式会社シノテスト

昭和63年 10月 合併・株式会社シノテストと社名変更
平成 3年 8月 仙台支店ビル竣工
平成 4年 6月 相模原工場第三工場竣工
平成 6年 7月 米国 Aalto Scientific社と全ヒト管理血清を共同開発
平成 6年 12月 本社移転 東京都千代田区神田神保町1-56
平成 8年 12月 大阪支店ビル竣工
平成11年 4月 名古屋支店ビル竣工
平成13年 10月 上海支店開設
平成14年 6月 中国(上海浦東新区)に現地法人設立
平成16年 2月 ISO13485取得
平成17年 9月 上海現地法人北京事務所設立
平成19年 11月 Ca, Znの新しい測定法として「アキュラスオートCa」 「アキュラスオートZn」が
臨床化学会技術賞を受賞
平成21年 11月 相模原生産センター竣工
厚木事業所が相模原生産センターへ移転
平成22年 4月 相模原生産センターが本格稼働
平成29年 10月 本社移転 東京都千代田区神田駿河台3-7-9

お問い合わせ

総務部
電話番号 : 03-5280-3711
  • メールフォームでのお問い合わせ

このページのトップへ